読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青のなかをもぐる

オノマトペだけで通じあえたらいいのにね

真似したでしょと ふざけたりして

2月を振り返ってみようと思ったけれど、とても楽しかったという言葉だけで十分な気がするので、昨日思いついたことを書き残しておきます。でたらめに。「わたし」から始まるセンテンス。



わたしがきょうだいのほとんど唯一の共通点はレミオロメンが好きなことなのだけれど、急にまたこの数日、聞き漁っている。わたしの好みの要素はすべてレミオロメンから派生しているような気がする。そういえばはじめてゆらゆら帝国を聞いたのも、レディオヘッドを聞いたのも、レミオロメンつながりだ。フジファブリックを聞いたのも。Syrup16gを聞いたのも。たぶんたくさんある。そういうことが。
今日は吹雪いたり雷鳴ったりしてたんだけど、今は快晴で、南風を聞いているところ。歩いてがっこう行きます。



わたしはすぐに記憶がなくなるのだけれど、なんとか生きていて、たぶん何より「忘れたがっている」「行動に責任を持ちたくない」「覚えていないと生活がミステリーで生きていく目的ができる」みたいなことが大きい。世の中には完成していないと意味を成さないこと、8割じゃ意味のないことがあって、それに対応するのがわたしは苦手だから遠ざけようとしてしまう。10覚えているのが普通だと思っていたけど、そんなの普通じゃなかったみたいです。だからわたしの記憶がなくなるのはすべて嘘かも。いやそんなことないか。
共感してもらえると、もうなんだかそれだけで満たされてしまうのだ。わたしでよいのでしたらなんでもあげますわ、というようなことを考える。(この口調のまま。)



わたしの3月は、朝からアルバイトなので、2月は3月に直結させて終えようと思います。何言ってるかわかんないけど、夜更かしします。



もう少し何かを思っていたはずだという意識だけあるけど、思い出せない。
明日はもう3月です。