読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青のなかをもぐる

オノマトペだけで通じあえたらいいのにね

ベーコン・アイスクリーム

変な時間に3時間ほど眠ってしまったので、眠れない。



バイトまえの時間に、奥山由之さんの「BACON ICE CREAM」という写真集をいつも見ている。

BACON ICE CREAM


5周くらい見てしまって、それでもなお新鮮に見とれたので、さすがに名前を検索してみたら、好きだと思っていた写真をたくさん撮っている人だった。あと誕生日も近かった。走り出したくなった。直喩で言えば恋のようだった。


久しぶりに、連作短編で伏線が全て回収されたときみたいな感動を味わいました。全部この人だったんだ。


これはただの恋なので、嫉妬したり憧れたり忙しいと思う。




湯冷めで風邪もひいたみたいです。




**



花という言葉の、文字に感じる気持ちや、響きから得られる感覚のことを考えていた。



たとえば、エレファントカシマシ「悲しみの果て」で部屋を飾る花は淡い桃色だとおもう。宮本浩次の白いシャツと黒いパンツ姿には、それが似合うとおもう。


フジファブリック「花」で儚く色褪せていくと歌われる花は、真っ赤だとおもう。Lamp「ランプ幻想」のジャケットみたいな。
ランプ幻想
ちょっと色ちがうな。こっち!
f:id:limon3:20160314013111p:plain



でも、サカナクション「僕と花」の花の色はわからなかったりする。黄色い桔梗とかだろうか。

サカナクション「スローモーション」MUSIC VIDEO

サカナクションの「スローモーション」のMV監督も、奥山由之さんだそうです。大好きなクレクレタコラの雰囲気(質感)があって、初めて見たとききゅんとした。色にも形にも。女の子がかわいい。色も見すぎると気持ち悪いとことかが好きです。体に悪そう。味も海外のお菓子みたい。


このまえタレントのYOUさんが誕生日に花が欲しいと言っていて、素敵だと思った。花は、色と形だから。花は、気持ちだから。実用的なものなんて欲しくないです。(でも、図書カードとかくれる人も好きだ。おじいちゃんおばあちゃん以外まだいないけど)



写真の余白に色気を持たせる、というのは、人間にも言えることだな。



わたしはどんな花のイメージだろう。








今日お土産の神戸プリンを食べた。ひと匙掬って、そこにカラメルソースを入れた。その一口はひたすらぬるい甘さで「あれこんな味だっけ」と言った。でもカラメルと合わせたらびっくりするくらいやっぱり美味しくて、なんてこった!と思った。
戯言ですが、わたしはそんなカラメルソースになって、プリンをサポートしたいなっておもいました。ビターな色のある人になりたい。おねがいジャムおじさん。違うか。