読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青のなかをもぐる

オノマトペだけで通じあえたらいいのにね

写真家の言葉

memo

自分が写真を撮ったということは、何か言葉では説明できないものを写真で表現しようとしたということじゃないですか。その感覚を「わかる」と言ってくれる人が、どこかにいて欲しいと思っていたんです。当時の僕は、日々湧き上がる感情を向ける先が分からなくて、それを誰かに説明することもできなかった。そのとき、自分の感情にふと寄り添うように手馴染みよく感じたのが「説明しすぎない」写真だったんです。そこで、言葉に表せない感情をほどくために撮ったような作品を『写真新世紀』に送ったら、審査員だった写真家のHIROMIXさんに選んでいただけたんです。結果としてはその作品が最初の写真集『Girl』になったのですが、僕としては受賞よりも、誰か1人にでも自分の感じている気持ちが伝わって、心から救われた気持ちでした。

奥山由之のインタビューより
store.cinra.net