読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青のなかをもぐる

オノマトペだけで通じあえたらいいのにね

迷惑な女

まいにち

そうです、わたしのことです!
大変申し訳ありませんでした。

まじで、今回は特に、ただの日記なので、面白みもないし、書いていてつらい。


わたしはもう見込みないので、だれもはっきり怒ってくれない。から、自ら干されるしかない。
もうやだなー







ひとそれぞれにいやなとこあるよね。わたしは今のことしか見れない。ずっと今だけで生きてる。





愛されたくて仕方ないんだと思います。困ったなぁ。でもわたしの思ってる愛って、変なの。いびつで、歪んでるほど、愛だと思ってしまう。月光の囁きみたいに。
でも、そうじゃないのも好き。ポニョと宗介みたいに。




ここまでが昨日のメモ。でも今日は、ちょっと決めた。


もう、ちょっと、好きな人のこと、ずっと好きすぎて、もうわけがわからなくなってるし、もうほとんどライフワークみたいな、ルーティーンじみたものになっているし、この際きっぱりと、好きじゃない!と自己暗示でもかけるべきかなと思う。だってこれ以上好きすぎてもういやだなーとか、迷惑をかけたりとかするの、さすがにやばいし。「どこかでこうなることを望んでいた」って言う拓也の気持ちめっちゃわかる。でもどんなにわたしの気持ちを言ったところで全然伝わらないんだと思います。そこに関して、不思議とわたしは自分が悪いとは思わない。一切思わない。何なら、きみのほうがわるいんじゃないかと思う。でも事実としてそれもおかしいので、仕方なく、わたしと君は全然運命じゃなかったんだって思う。


わかっていることを言葉にするだけでこんなにつらいなんて。


あきらめられそうもないのですが、今回ばかりは本当にただただわたしがわるいとおもうので。人に迷惑をかけるのは本当にダメ。迷惑の範囲にもよるけど、本当にほんとの迷惑だったもん。あの人は笑ってたけど。それでちょっと元気が出たけど。新婚旅行で行きたい国の話をしていた。それだけで、わたしとは違う世界だなって、ほらまたこんなふうに、レイヤーやボーダーのことに話を帰着させてしまう。もううんざりです。わたしの好きなものや好きな人には何にも問題はないはず。わたしにだけ、問題があるはず。
でも、思ったんですけど、わたしも割と普通の人間で、普通の、ちょっとずれた人見知りというか、考えすぎというか、うわぁあ。だめだー。記憶にないのに、何度も波のように反省が押し寄せる。日常が波乱で全部埋まってる。この間まで、わたしのブームは波でした。空気の揺れが、波になって、ほんとに見えてたんです。あれはなにかの予測に基づいていたのかもしれない。だから今こうして、心の中が水びたしで、歩くたびに波が揺れる。


悲しいなぁ、わたし、ほんとうに、好きだと思ってたんですよ。今も。困ったなぁ。意味わかんないし。昔から思い込みが激しすぎる。変なの。好きだと思いたかったんだろうな。きっと。なんでだろう。理由も見当たらないけど。特別な感じがしないからかな。



勝手に失恋してばっかりだ。でもぜんぜん、心の中、空っぽにならないです。事実の積み重ねが、なにひとつないからだとおもう。ただ好きで、好きだと思っていて、それだけで終わっているから。


もう少し、身になることしたほうがいいとおもう。空想ばかりで、生活を飾り付けたりしないで、具体的に。お金をかけたり、時間をかけたり。自分を否定されたくないから、保守的になるのもものすごくわかるし仕方ないのかもしれないけれど、もう大人なのだから、ちゃんと社会で生きていかないとダメでしょ。ダメでしょって、あのこが言いました。うーん。だってこの3年間くらい、ずっとあのこがわたしの神様だったんですよ。ヒミズの茶沢みたいに、あのこの言ったことメモしたりしてたんですよ。気持ち悪くてごめんなさいね。どうしましょう。もう一回生まれるとこからやり直させてほしい。頭脳は空洞なのに、余計な知恵や知識があって、それらがわたしのことをどうやっても肯定してしまってる。このまま生きていくほうが絶対つらいのに、このままのほうが体は楽だから。



べつに迷惑かけたことじたいはもう、どうでもいいんじゃないかとおもう。根本的な解決方法は、やっぱりちゃんとした幸せを求めたり、することなんじゃないだろうか。と思います。だからあの子のこともう別に好きじゃない。そういうことにする。好きかもしれないが思い込みなのだとしたら、きっと逆も可能なのではないだろうか。違うかな。上書きだったらいいのかもしれないけど、アンインストールって、結構時間のかかることだよね。いろいろ秘密にしておこう。ちゃんと謝って、こっそり生きていくのか。難しいな。こっそり生きていくの、むずかしい。楽しく騒いで生きていきたい。でももうさすがにだめだ。


昨日は本当に、なんだかサングラスが本当にほしくて、ずっと見てたら「ふざけすぎ」って言われた。親友はちゃんとしています。わたしだけだな、ちゃんとしてないの。ちゃんとするのって、曖昧すぎてやっぱわかんないや。でもわたしがちゃんとしてないことは明らかなんです。「ちゃんとする」で検索したりしてる。だめだな。滑稽だな。わたしは。




あきらめてどうすればいいんだろう。わかんないな。



わかんないから、こうやってだらだら好きなんだけど。



まぁいっか。よくない。よくないです。もう考えるのやめようかな。意味ないし。なんとかしなくてもいいや。もうどうにでもなればいいようなわたしだ。ゴミみたいなわたしだ。仕方ないね。頑張れないし。迷惑もかけてもいいね。曖昧にされてるからだめなんだし。あれ。わたしなにもわるくないんじゃないの。その通りかも。ちょっと結論も揺らいできたし、もう書くこともないので、今日もこのへんで。さようならわたし。


追記・あまりに生きてること全般が辛いのか、気づいたら独り言で笑ってました。気持ち悪いのでやめてください。