読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青のなかをもぐる

オノマトペだけで通じあえたらいいのにね

自分の道

けっこう簡単で大事なことを思い出した。



自分の道を進むべきだ、ということ。
同じようにやらなくてもいい。同じようにできなくてもいい。

「生きている」という事実の前では、上も下もないのだとおもう。(年齢や立場にはそれがあって、わたしたちはそのことを気にしすぎてしまう。)

なので、お願いですから、本を開きましょう。今日も今日とて、いろんなことに託けて、怠けている。





そういえば、Twitterで、この前の王舟さんがカバーしていた曲の名前を教えていただきました。遠くの方とおしゃべりできるのはすごいなぁ。RATNの「わらうだけ」という曲だそうです。「ピンクの草原 レンゲソウ摘んでは束ねて 微笑んだあの人が恋しい」というフレーズが美しくて、歌う王舟さんにみとれた。2週間結構毎日ずっと探してました。
J


RATfN (Riow Arai + Tujiko Noriko) - J (2005)



この「J」というアルバムは、この動画で聞く限りの印象で、2000年代っぽい。理由をうまく言葉にすることができないのだけれど、わたしが未成年だったときに感じていたことを、なぜか思い起こす。2000年代にいながらにして、時代を俯瞰できるほど大人ではなかったので、よく覚えていないのが残念だ。でも、味は覚えている。わたしは今を生きている。




ミツメとダニエルクオンが一緒に札幌にきてくれたときの「Dear Prudence」がYou Tubeにあがったみたいです。


ミツメ + ダニエル・クオン / カラオケ・ライブ‼️

よく聞くとやっぱりわたしの声も入っていて、穴に入りたい気持ち(誰も分かるわけがないし、誰も覚えてないと思うけど)。ナカヤさんのベースがとにかくめっちゃいいなって思った記憶があったけど、やっぱりそうだった。


また来てください。




お金欲しい!みたいな不純な動機で、最近童話を書いている。なかなかむずかしい。でもするする思いつく。練習なのでそんなに自分に期待しなくていいからだとおもう。そんなことしてないで、本業に専念すべきなのだけれど。
とはいえ、わたしの街もいよいよ春めいてきた。日差しがやわらかい。うれしいな。始まってしまう!という焦燥感もあるけど。



いってきます。