読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青のなかをもぐる

オノマトペだけで通じあえたらいいのにね

150424

すれ違ったときに目を伏せて笑った。変わらないものと変わったものを残して、振り返らずに進む。


ぼやけた視界のなかにいるあの人のことを、いまもきっと好きで、だからこそおぼろげな輪郭のまま眺めてしまうんだろう。


でも今度ふたりの道が交差したら、話すくらいはいいんじゃないの。それくらい、年は重ねてきたよ。いつか全部どうでもよくなって、ちゃんと君のこと見て、「あぁこんな顔のひとのこと好きだったんだなぁ」ってばかみたいに笑いたい。未来を夢みて、今のわたしも泣きながら笑う。