読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青のなかをもぐる

オノマトペだけで通じあえたらいいのにね

何年先も同じ様に空を見上げて

あしたから12月だー。今年ももう終わるね。



なんか二桁の月になるともう毎日が大晦日みたいな気持ちになる。せっかちすぎる。時間のこともそう。9時35分はもう10時のきもち。16時になるともう夜が始まるから家に帰ろう、って気持ちになる。


11月もすごく早かった。でも何をしていたかと言うとあんまり印象がない。SAKANAMON藤森さんのインストアと、ceroのライブに行った。友達にけっこう会えた。


でも10月よりも成長できなかった気がする。。
自分を甘やかしすぎて、もうそれなら存分に甘えてしまおうと思ったのです。そのかわり周りの人も甘やかそうと思ったのです。それを続けるには強くならないといけない。そうすると結局ずっと甘えていることはできません。そういえば、強くなりたいって、あまり願ってこなかった気がする。この5年間くらい。


でももうあんまり考えるの止めた!楽しくないのはもったいないから!このままずっとだらだらしていよう。今日本屋さんに向かう途中で思った。すこしずつね。



わたしが何に対して「生きづらさ」を感じているのかというと、言ってしまえば「自分がここにいること、すべて」みたいなことになる気がする。年齢や性差や考え方の問題ではなくて、なんだか居心地が悪いし多幸感が得られない。でもそんなの期待するのがちょっと間違ってるんだろうな。

連絡をくれるともだちといるときは水を得たサカナみたいになれるし、後輩としゃべってるときはちょっと安心する。自分を否定されるのが一番しんどいですね。傷つかないようにって、そればかり考えて生きてきたから。それでいい。これからもなるべく傷つかないように。

でもいつかは踏み込んだり踏み込まれたりして、傷つくんだろうな。それもまたいいか。わたしはもろいから、状況に飲まれて、どうなったっていい。渦に飲まれたり波に流されたりして、たどり着くまでがわたしの人生なのかも。それも楽しめたらいい。





そういえば、今日、andymoriの小山田さんがすごーくひさしぶりにツイッターに現れて、それもレーベルを立ち上げたという吉報で、遠くにいながらもすごく嬉しい気持ちになりました。

(いまちょうどNHKで危険ドラッグ特集をしてるから?、なおさら小山田壮平というひとのことを思う・・・危険ドラッグってほとんど中国から来てるんだ。どうやったら心が強くなれるんだろう。幻想でもいいから幸せになりたいとは、わたしは思えないな。)



3月のライオン(10)をよんで、あぁやっぱりひなちゃんは強いなっておもって、強いひとになりたいとおもった。


今月はあと関西にいきましたね。わらっちゃうくらいすごい速さの旅だった。あわただしくて、くたくたになって、でもたのしかったです。




今月いちばんきいたのはやっぱりきのこ帝国の「ラストデイ」だとおもう。好きだとか、ただそれだけじゃなくて、聞きたくなる。

フェイクワールドワンダーランド

フェイクワールドワンダーランド

歌詞も音も、冬の感じがでていてそこも好き。わたしはたぶん、冬がとても好きなんだと思う。

あとキリンジの「まぶしがりや」もたくさんききました。





12月もがんばってください。ゆるゆるとー!