青のなかをもぐる

オノマトペだけで通じあえたらいいのにね

冷蔵庫 開けて二人は

三月のライオンをみました。






堺さんが日本映画MAGAZINEでおすすめとしてあげていて

それから羽海野さんの漫画として3月のライオンが連載され始めて





今朝、みつかって、みることができました。




なんともいえないなぁ。だいすきなんですよ、



ただね、やっぱりわたし
ひとのこと好きになれないから
正式にこういう映画に浸れない





ただ、由良宣子さんも趙方豪さんもめっちゃすきでした。とくに、趙さん。あの笑顔。



かっこいいとか、可愛いとか、美しいとかではなくて、好きな顔、ってあるなぁと、やっぱりおもう






アイスちゃんとハルオさん。



映画はいいなぁと、再確認した。




写真を水面に投げていくところとか、

マンションの、階段のシーンとか、

なんといってもラストシーンとかで。




映像はいいなぁ。



文字だけとか、絵だけとか、おとだけとか、それらの組み合わせとか、ごちゃごちゃとか

ひとつひとつ面白すぎて、極められない。だからわたしは受け身で感じればいいのだ




じゃあわたしはなにができるんだろうなぁ


それは一生かけて考えることかしら






そういえばね、きょう朝起きて
ぱっと、

きえるとか、うかぶこととか、
けむりとか、崩れることとか、
そうゆうことをしりたいとおもった

ざっくりしすぎ?うーん。
すごい強烈におもったのだけれども
空洞だったな(笑)ごめんなさい


まぁそんなかんじでいい?